GOOD LIFE・REFOME

住宅設備ビルトインコンロ

現在のご自宅のガス種をご確認下さい

一般的な家庭で使用されているガスは主に都市ガス(13A・12A)とプロパンガス(LPG)があります。ビルトインコンロは都市ガス用とプロパン用で機器が異なっているため、都市ガスをお使いの場合は都市ガス用を、プロパンガス用をお使いの場合はプロパンガスのコンロを選ぶ必要があります。コンロの種類は基本的に同じ機種で、定価も同じです。お見積りご依頼の際、ご自宅のガス種も合わせてお知らせください。


高火力バーナー

3口のガスコンロは、3つのバーナーの火力が、左バーナー、右バーナー、後ろ側にある小バーナーで、それぞれ違います。 最も高い火力がでるバーナーを「高火力バーナー」といい、コンロの設置状況に応じて、左と右、どちらのバーナーを高火力バーナーにするかを選ぶことができます。 高火力の選択は、防火対策のために、ビルトインコンロに向かって右側に壁がある場合は左側のコンロのバーナーを高火力にするのが一般的です。 コンロと壁の位置や、よく使われる側を強化力にすると、お料理の幅も広がります。 御見積りの際、希望位置をお知らせください。 また、最近ではミドルグレード、ハイグレードの機種を中心に、「ダブル高火力」、「ダブルワイド火力バーナー」などの左右どちらのバーナーも高火力で使用できるコンロが増えてきています。 高火力の位置を選ぶ必要がなく、左右いずれのバーナーでも料理がスムースにできるため、人気があります。


天板の種類

ビルトインガスコンロの天板は、手入れが簡単で耐久性も高い「ガラストップ」や「ガラスコート」の天板が主流になってきています。 ミドルグレード以上の機種はメーカー問わずガラス系の天板になっています。

ガラストップ(クリアガラス)
お手入れが簡単でさっと拭くだけ。見た目のデザインもよく、最近では傷がつきにくく熱を分散させて表面温度の上昇を抑えてくれます。
ガラスコート
表面がガラス質のため、鮮やかな色彩でお手入れのしやすさや光沢感はガラストップに近く価格もガラストップよりも手頃です。
アルミトップ
熱が素早く分散するため、バーナー廻りが熱くなり、汚れが焼き付きにくくお手入れが楽です。扱いやすさや見た目はガラストップのほうが上ですが、衝撃に強いです。
ホーロー
耐久性があり、ガラストップやガラスコートよりもお求めやすいですが、他の天板に比べるとお手入れ性は低いです。

工事費について

基本工事費 一式 21,000円(税込)

▼基本工事費に含む内容
既存機器撤去/新規取付/廃棄処分
▼追加工事
可とう管取替工事 3,900円~(税込) ※長さ・種類により異なります

ガス可とう管の再利用はガス漏れの危険性があるため、ガス事業法上、取替えが義務づけられています。築年数の長い建物ほどガス可とう管が使用されていることが多く、新しいコンロを設置する際は、同時にガス可とう管も交換する必要があります。
フィラー設置や電源新設など状況に応じて追加工事が発生する場合がございますので、詳しくは御見積り依頼の際、お問合せ下さい。
お問合せ時に、設置場所の状況をご確認させて頂きます。お客様にお写真を撮って頂き、お写真のみで確認ができれば、訪問調査なしでも工事が可能です。
※状況により、ご訪問調査にお伺いする場合もございます。詳しくはお問合せ下さい。

無料お見積りはこちらお問い合わせやご相談もこちらからどうぞ

製品ラインナップPRODUCT LINEUP

無料お見積りはこちらお問い合わせやご相談もこちらからどうぞ

住宅設備工事、リフォームのことならグッドライフ・リフォームにご相談ください。
お見積り依頼もこちらからお願いいたします。

グッドライフ・リフォームの会社情報はこちらGOOD LIFE COMPANY PROFILE